セックスフレンドsexセフレ出会い系サイト > セックスフレンド > 何かをしたいという「欲求」がセフレ掲示板の利用に繋がる

何かをしたいという「欲求」がセフレ掲示板の利用に繋がる


何かをしたいという願いを「欲求」といい、それを満たそうとすることを「目標」といい、更にその目標に向かって行う行為を「行動」といいます。

例えば、あなたは「恋人が欲しい」「友達が欲しい」などと欲求を持ち,それらを実現させようという目標を持ち、目標を達成させようとセフレ掲示板を手段として行動をするということもこのように段階を経ているのです。

ここでマスローという学者さんがちょっと小難しいですが、学説を考えたのでご紹介します。

マスローの欲求段階説 マスローは、欲求には段階があると言います。
1 生理的欲求
2 安全欲求
3 愛情、所属の欲求
4 社会的承認欲求
5 自己実現の欲求
簡単に説明すると 1の生理的欲求は必要最低限人間が求める衣・食・住への欲求です。

2の安全欲求は1への確実な確保です。 3の愛情、所属の欲求は他人からの愛情を欲する事、となにかしらの組織・団体いたいとする欲求です。

4の社会的承認 は単純にいうと、世に認められたいとする欲求です。 5の自己実現の欲求は4を更に飛躍させたものです。これはなかなか難しいですね。

メールの世界でも上記の要素が多分に混在しています。あなたはどうですか?

そしてそれらの欲求は必ずしも100%達成出来るものではありません。 達成されなければ満足できず、欲求不満になります。

例えばセフレ掲示板でメールを出してなかなか返事が来ないとき、イライラしますよね。

欲求不満になれば起こす行動は、意味のない行動を繰り返したり、ナーバス  (神経質)になり、その問題に触れて欲しくなくなったり、決断力が鈍くなったり、どうでもいいことにこだわったりします。
そういった時にセフレ掲示板の世界に入り込む人もいます。 精神的に不安定な時でもあります。



セックスフレンドsexセフレ出会い系サイト > セックスフレンド > 何かをしたいという「欲求」がセフレ掲示板の利用に繋がる

Return to page top